土地の売買においての第三者と強迫に関する取り消しについて

土地売買の取り消しについて 土地を強迫によって購入させられた場合は取り消しすることができます。
脅迫の取り消しについて知識として持っておくことを推奨します。
AがBを脅迫してBの土地を明らかに低い価格で売却させたケースを例として考えます。
問題となるのは第三者がいる場合になります。
詐欺と混同してしまう方がいますが、取り消す前に脅迫された売買であることを知らない第三者にも対抗することができるのが脅迫の特徴となっています。
詐欺は騙されてしまった人にも落ち度がありますが、脅迫された場合は保護しなければいけないので詐欺と脅迫では違いが生じています。
したがって、AがBを脅迫して低く土地を購入してAが第三者のCに高く売却したケースでは、Bは脅迫を理由としてAとの売買を取り消すことができて、Cに対しては脅迫があった事実を知っている知らないのを問わずに対抗することが可能になります。
ただ、売買契約を追認できる時から5年、売買契約があった時から20年で取消権が時効で無くなる点には注意してください。

土地の売買において詐欺と第三者の関係について

土地の売買において詐欺と第三者の関係について 土地の売買で詐欺があった場合、法律上はどうなるのでしょうか。
まず、詐欺とは事実を隠したり、虚偽の事実を伝えたりする事で、相手を騙す、あるいは勘違いさせることを言います。
こうした行為によって行った売買は取り消すことができ、その場合の契約は当初から無効とされます。
ただし、善意の第三者には対抗できません。
例えば、売主を騙して土地を買った買主が、何も知らない第三者へ転売したとします。
その場合、騙された売主はもちろん、知らずに買った第三者も被害者と言えますので、両者を比べたとき、騙された落ち度のある売主と、何も知らなかった第三者では、第三者が保護されることになるので、土地を返せと主張することはできません。
なお、第三者であっても、相手側が詐欺の事実を知っていた場合は、取り消しを主張できます。
例えば、第三者に騙されて土地を買った場合、第三者と売主が騙していることを知っていると、騙された買主は契約の取り消しを主張できることになります。

新着情報

◎2017/10/31

手付金について
の情報を更新しました。

◎2017/8/22

相続した土地を売却する際
の情報を更新しました。

◎2017/6/16

土地価格の算定方法
の情報を更新しました。

◎2017/4/19

土地や建物を売った時の税金
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

土地の売買における手付金
の情報を更新しました。

「土地 契約」
に関連するツイート
Twitter

悪いけど、この土地にはもう新しい農家がいるんだ ついさっき契約したばかりだけどね

Twitter終焉 of さやか@sayaendobot

返信 リツイート 2:39

一定規模の土地の売買契約を締結した場合、買主等の権利取得者が、契約後2週間以内にその土地の市町村長を経由して、知事へ届け出なければならない。

Twitter宅建覚え書き@1925_1096

返信 リツイート 0:07

返信先:@nnfnnfssk67 ラーメン屋がなくなる… 土地契約だの駐車場の契約だの大変らしい

#旧約聖書を読む #申命記 4章(2) 熱情の神は形ある偶像に対する警告を語り、この掟を破れば滅びると言います。しかし憐れみ深い神は民を見捨てずこの契約を忘れません。過失致死の者を守る逃れの町に軽く触れ、ここから律法について述べると言い、主が与えた土地をまず示しておきます。

Twitter大名クロスガーデン(福岡・天神のキリスト教会)@DCG_Fukuoka

返信 リツイート 昨日 23:01

ゴルフ場経営を目的とする地上権設定契約及び土地賃貸借契約につき借地借家法11条の類推適用をする余地はないとされた事例(最判/H25/1/22)。

あと住宅ローン全く分からない!!! 土地だけ先に契約してしまったもんだからかなり焦っている。

返信先:@keipon0803 おじさん夫婦が勝手に土地契約今年一杯で切りやがったよや笑笑

Q 土地賃借人Aが建てた建物にBによって抵当権が設定されたが、Aが長期に渡り賃料の支払を怠った。解除によって第三者Bの権利を害せれない以上、賃貸人は契約を解除できない →× 合意解除は対抗できない(398,538参照)が、【債務不履行解除】は可(大判大14.7.18) #債各

門別も金沢も何やってるの? 誰か止める人いないわけ? ネットなら証明できるけど 馬券なら捨てるか払い戻しか。 笠松の中の人に説教してもらったらええのに。 あかんわ。売り上げと土地代が比例な契約結ぶわけやし。 笠松の馬の移動も危ないよね。あれ。 女性ライターさんに叱られたらええのに。

【要件】☆売買契約☆売買契約の締結→「原告は、被告に対し、平成20年12月1日、別紙物件目録記載の土地を代金200万円で売った。」